Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あの~ふぅ~特需

マカオに行く前に円安が始まってしまった。

正直、ここまで上がるとは全く予想していなかった。

現在、97円・・・87円まで落ち込んでいたのに。。。

円安の理由は、皆さんご存知、ナカガワさんの酩酊記者会見。

まぁ、おかげで輸出する大企業はナカガワ様様なわけで、麻生政権誕生以来、最大の経済効果を発揮している。

トヨタやソニー等の大企業の社員は、あれだけ笑えて、利益も享受できるなんて、2009年の始めっからツイテルねぇ

麻生さん、僕らがマカオに行く前に、しっかりした経済対策発表して、円高にしてくださいm(_ _)m



スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 05:55:09|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民主は、民主でも、民主党

アメリカから帰ってきた、阿呆総理こと麻生太郎が相変わらず叩かれている。

彼を援護する気はさらさらないが、民主党・前原の下品なバッシングを見ていると少々気の毒に思う。

首吊って今にも死にそうな人間に、ガソリンをぶちまけて火を放つような感じか。

「ゼッタイ、殺す」みたいな殺気がビンビンして、前原には全く好感をもてん。

諺にもあるように、一寸の苦虫にも五分の魂である。

これ以上、執拗にイジメると民主党も政権取りに失敗するという予感。

もっと、やることあるだろう前原。

お前は、暇人か。




  1. 2009/02/27(金) 07:02:23|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ相対性理論は支持されているのか?

たまには、音楽の話。

相対性理論というバンドがウケているとあちこちから聴いたので試聴した。

私の興味は彼らには無いので、一言だけ感想を言わせてもらうと、中途半端。

主食にはできねぇ、おやつ感覚の暇つぶしスナック菓子ミュージックといったところか。

まぁ、彼ら自身も、B級を狙っていると思いますが。

むしろ、私が興味を持つのは彼らを支持・興味を抱いている層。

一応、これでも社会学者の卵なので暇つぶしがてら考察。

相対性理論は音楽的にも、B級ポップス。

第一作である「シフォン主義」の演奏は、インディーズだし、そこらへんのライブハウスで演奏するバンドとなんら変わりは無い。

「ハイファイ新書」では、少しプロも関わっている?ためか演奏面はBGMで流せるレベルまで飛躍的に上昇。

特徴があるのは、歌声か。

しかし、その歌声も上手い下手の土俵で勝負するのではなく、囁いているだけだから彼女のトーンが好きか嫌いかの判断のみ。

パフュームのバカ売れにしろ、歌が上手いということを今の消費者は求めていないという収穫。

というわけで音楽的には、何のチャレンジ精神も感じないこのバンドがなぜこれほどまでにウケるのか。

いろんな人が言っている歌詞の世界観。

正直、歌詞なんて誰も聴いていないと思っていたが、思っているよりも歌詞を聴いている人がいるんだなという意外な発見。

歌詞の世界観を面白がってくれる層があるということを掘り起こした点は、収穫。

まぁ、どの曲もタイトルのつけ方が目を引いているわな。

ただ、彼らの言葉遊びに関しては、この程度の言葉遊びで支持されるの?といった感じ。

スマトラ警備隊はタイトルは目を引くのに、歌詞の内容全然スマトラ関係ないし。

地獄先生は、他人のふんどしを履いて土俵を取る始末・・・でも歌詞の内容は意外と○。

消費者が気に入っているのは語感&文節のみか。

地獄先生やゲームボーイやオーパーツなどという言葉を使ってマニアに寄り添っている。

結局、消費者は歌詞を聴いているとはいっても、完成度は求めていない感じ。

少数のものしかしらないB級感に惹かれる消費者像が浮かび上がる。

ただ、そんな結論だと面白くもくそ無いし、どっかの誰かさんが散々いっている。

では、なぜB級感に惹かれるのか?

こんな話をすると、「オレだけが知っている感」が大事だということをよく聞くが、本当に重要なのは、「話のネタになるかどうか」。

メールやインターネットのおかげで、いいネタがあるよと周りに教えてコミュニケーションを取る人が多くなった。

そもそもネット社会にいる人は、基本的に暇人である。

毎日毎日、パソコンの前にいてはなんかオモロイネタないかなと探している。

そして、ネット社会にいる人々は基本的に、アンチ商業である。

その中で、一見、商業主義を装っていない相対性理論がネット住民から支持されたのだろう。

また、ネット住民は、ネットの記事に書かれていることを具体的な検証をすることなくバッシングする程度の社会知識しか持ち合わせていない人が多い。

彼らに完成度の高いものを見つけ出せというのも無理な話だ。

彼らの基準は、オモロイかオモシロくないか、ネタになるかならないかだけなのだから。

という訳で、このバンドはどうか?

中身はないので、寿命を2年としときます。
  1. 2009/02/25(水) 21:18:41|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

絶好調

あいかわらず、ちょこちょこ走っとる今日この頃。

食べる量は、変わらないので全然体重が落ちません。

むしろ、体重が増加してきました。

特命係長みたいな体を目指していたのに、力道山(プロレスラー)体型になってきました。

とはいえ、スポーツ体型になってきているので、和歌山旅行で見せた失態はないと思います。

思い出しても、あのサッカーは酷かった。

ひとりCOPD患者が含まれてましたからね(MR爆)

今、スポーツしたらヤバイゼ、本当。

かつての栄光が戻りつつある今日この頃。

青信号点滅で、ダッシュしても全然息が上がりません。

絶好調、中畑清です!
  1. 2009/02/22(日) 23:52:08|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

かめはめ波

実写版の映画ドラゴンボールを見ようか見まいか悩む今日この頃。

小さい頃、無性にかめはめ波を打ちたくて仕方なかった自分を思い出しました。

あほみたいに、あの型を何度も繰り返していたなぁと。

自分の手から出る光線が、山をまるごとぶっ壊したら、どんなに爽快だろうと思ったものでした。

そんな当時のことを思い出していて感じたのが、近い将来、人間は、必ず核爆弾を使うだろうなぁということ。

人に打つかどうかは別として、あったら使いたいもんね、人間て。

グアムで、実弾射撃に興奮した僕はまさしくそんな部類に属していると思います。

だから、むやみやたらと核爆弾は作らない方がいいんです。

乱用 ダメ、ゼッタイ。

  1. 2009/02/20(金) 18:19:36|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しばくぞ!ウドー!

2週間に渡り、クラプトンと、ジェフベックのライブに行ってきました。

ホンマ、ええ加減にせぇよ、うどー。

S席買って、3階て。。。。

先週のクラプトンも、S席買ってステージの真横やったやんけ!(ほぼ舞台袖)

S席のSってなんの略やねん!

スペシャルのSちゃうんか!

いつのまに、サイドに変わっとんねん!

会場のほとんどS席やないか!

料金をむしり取るウドーの金の傲慢さには辟易ですが、演奏はキレキレで◎。

ただ、クラプトンさん、ブルースは3曲まででお願いします。
  1. 2009/02/19(木) 23:35:00|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

謎のパーティ

IT関係の知人から、一緒にパーティーに行かないないかと、誘いを受けた。

なぜ、俺を誘う?

という疑問はあったものの、暇だったことと、そんな集いとは、縁もゆかりも無い人なので、興味本位で了承。

現地へ着くと、ホストクラブを貸しきっていた。

会場に入ると、思っていたパーティとは全然違い、クラブのような雰囲気だった。

男150、女150くらいか。

会場の中には、「VIP」と書かれた札を首から下げているものが数名いた。

しかし、札の文字は油性ペンで書かれたものであり、全然「VIP」じゃ無かった。

そもそも名札をつけなければ分からないVIPて。

集まっているのは、IT関係かと思いきやそうでは無いらしい。

高級そうなスーツを着たオッサンからホスト風イケメン、ビジネスマンまでなど実に様々な人種がいた。

ただ、どれも胡散臭い。

ホストクラブでパーティという初期設定が余計に臭さを増長させていた。

会場では当然暇なので、チャンネエにいろいろと声を掛ける。

ただ、どのチャンネエも擦れていた。

それは、出会いを期待して来ているにもかかわらず、「変な男には絶対騙されないわよ」という自己防衛。

学生身分の俺なんて全然相手にされず・・・

THE END。

だが、終わって「自分は騙されないぞ」という自己防衛が一番強かったことに気づく。
  1. 2009/02/17(火) 18:43:11|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

口頭試問が終わった・・・

あとは、修士をもらえることをひたすら祈るだけ。
キリストでもブッタでもマホメットでも誰でもいいから助けてくださ~い。
なぜこんなにも必死になって、祈るのか。
答えは簡単、予想以上に、口頭試問で突っ込まれたからだ。
12万字を超える大作と自負していたが、私はある欠点を犯していた。
それは、日本が誇る素晴らしい伝統文化「ネ・マ・ワ・シ」である。
口頭試問には、指導教員と副指導教員2人の計3人で行うもなのだが副指導教員の授業には一度も参加したことがなった。
勿論、先生方にとってこれが愉快であるわけが無い。
あぁ、一度でも授業に出ておくべきだった。
教授陣の突っ込みを、経験した上でアウトプットするべきだった。
くそ!ここは、日本だろ!俺は、日本人だろう!伝統文化を大切にしろ!


  1. 2009/02/16(月) 18:56:42|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

このたびパスポートを取得し
世界へ羽ばたけるニートになりました。
  1. 2009/02/07(土) 17:13:38|
  2. Dr.ニートキングコブラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ぷ~る

毎日走って、筋トレばかりしていたので、趣向を変えてプールへ。

美女が現れることを期待するが、相も変わらず、目の前にはジイサン・バアサンと肥満のオッサンだけ。

そりゃ、ジムに来る人間なんて自分のカラダがやばいと思った人しか来ないわけだから、仕方がないわな。

美女は何にもしないでも、キレイなのだと感じる今日この頃。

そんなことを思いながら、適当に運動して入水。

1キロくらい泳ぐか、まぁ楽勝だろう。

そう感じていたのが間違いだった。

クロールで泳ぎ始めて、20mで異変が起こった。

腕が攣りそうになり上がらなくなったのである。

私は、25mを泳ぎきる前に、地に脚を着けてしまった。

しかも、「ぜぇぜぇ・・・」と息を荒ら下ながら。

グアムの海で泳いだときから感じていた違和感。

妙に体が重く、すぐに立ち上がってしまうという現象。

波がキツイせいだと思っていたが、そうではないらしい。

すぐさま、クロールを平泳ぎに変える。

しかし、それも長くは続かなかった。

50mが限界だった。

私は、仕方が無く「歩いて泳ぐコース」へ。

そして、30分間プールの中で歩いていた。
  1. 2009/02/04(水) 19:24:24|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。