Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思い出の聖夜


クリスマスシーズンが到来している。しかし、ギタリスト1人を除いた我々メンバーは、これといってクリスマスに縁が無さそうだ。だから、23日のライブを特別な思い出にしようではないか。


数年前、こんな私にも、聖夜を異性と過ごした経験がある。冬のソナタをも越えた純愛、美しい感動ラブストーリーをここで紹介しよう。その思い出に浸りながら、今夜は飲めない酒でも飲もうではないか。


200X年12月2X日、私は異性と初めてのクリスマスライフを満喫しようとしていた。私は、1月生まれであり、他人よりも寒さに強く、暑さに弱いことに誇りを持って生きてきた。
クリスマスデートのその日、外はとても寒かった。私は、何があっても絶対に3枚までしか重ね着をしないという暗黙のルールを守り、デート会場に向かった。
デートの開始からわずか1時間。空から白い奇跡が舞い降りた。人々は、ホワイトクリスマスだと歓喜し、カップルは楽しそうに寄り添いでいた。
私は、自分の体の変化に驚いていた。たかが雪ごときで寒気を感じるというのか?3枚も服を着ているのだぞ!体がだるい。物凄く寒い。死にそうだ。ま、まさか、ウイルスか?風邪をひいたというのか!?
その推理に辿り着いた瞬間、私はもう決意していた。時計の針は、午後6時を迎えようとしていた。
男「体調悪いから帰るわ。」
女「はぁ?そんな薄着してくるからやん。冗談やろ?(怒)」
男「いや、本気。」
女「二人で過ごす初めてのクリスマスやで。今年、最後のデートやし。」
男「スマン。良いお年を。メリークリスマス!」
結局、この年の聖夜は、それまでのクリスマスと同様、明石屋サンタを見て過ごすこととなった。次の年も、その次の年も、またその次の年も...


この物語はノンフィクションです。冬のソナタは実在した...
スポンサーサイト
  1. 2006/12/21(木) 21:11:07|
  2. Vo.アキ・ライホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<息抜き | ホーム | 因縁の対決。>>

コメント

やっぱりクリスマスは明石屋サンタでしょう。
  1. 2006/12/21(木) 22:33:18 |
  2. URL |
  3. 松尾伴内 #-
  4. [ 編集]

そんなあなたには、アークティカの称号を与えましょう。
  1. 2006/12/22(金) 02:43:23 |
  2. URL |
  3. 聖櫃(アーク)のモーゼ #-
  4. [ 編集]

よっ♪セバスティアン☆
  1. 2006/12/22(金) 15:24:41 |
  2. URL |
  3. ライオット #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://solblog.blog56.fc2.com/tb.php/160-94baf2a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。