Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「思い出にならない言葉」

物語りも、いよいよクライマックス。

なぜ、「ジャガーの貴公子」がモテなくなったのか。

今夜、事の真相が全て暴かれる。

この物語は、続き物です。

詳しくは、前々日からお読みください。


第3回 「思い出にならない言葉」

彼は、思わずラブレターを破ってしまった。

その後、女達がつけてくることはなくなった。

彼の心は徐々に平穏さを取り戻していった。

しかし、それは嵐の前に静けさだった。

数日が経った。

その日も、何もごともなく帰宅しようとしていた。

下校時、彼はいつものように、親友が集まるのを待っていた。

すると、一人の男友達がやってきた。

ニタニタしたやらしい顔つきでこちらに近づいてくる。

「なぁ、むこうで二人が呼んでるで。」

中庭の向こうで、あの女達がこちらを見ている。

彼は、向こう側へ行くのもおっくうだったので、その男に告げた。

「いったい何の用なん?」

「なんで、土曜日来てくれなかったか教えて。やって。」

あの手紙には、そんなことが書かれてあったのか。

なんてごまかそうかな・・・

考え込んでいると、周囲の皆がオレの発言に注目していることに気づく。

彼は、周囲の期待には必ず応えてきた人間だ。

友達を待っているのも暇だし、今日もみんなを笑かしてやるか。

彼に付いている、悪い虫が騒いだ。

次の一言が彼の運命を、また彼女達の運命をも大きく変えることになる。

男友達に言った。

「おい。あいつらに伝えてくれへん。家まで付いてくんな。お前らストーカーか?」

周囲の皆が笑いだす。

なぜならば、その当時は空前のストーカーブーム。

雛形あきこや鈴木紗理奈が主演のドラマ、その名も「ストーカー」が大ヒットしていたからだ。

「おぅ!わかった!」

彼は、走って向こう側へ行った。

彼女達が、ものすごい剣幕でこちらを見ていることが分かる。

あいつ!まさか、本当にいいやがった!

言えといったのだから言うに決まっている。

相手は空気の読めない中学生のバカなんだから。

男が、走ってこっちにやってくる。

「言ってきたで。何でそんなこと言うん!やって。」

またまた周囲の目が彼に集まる。

次の一手に期待しているのだ。

彼は続けてこう言った。

「うっとうしいねん!お前らの顔なんか見たくない!二度と近寄ってくるな!消え・・・・・・・」

みんなが笑う、笑う。

彼は、調子に乗って言う、言う。

思いつくだけの罵詈雑言を吐いた。

今さらだが、これを読んでいる人に伝えておきたいことがある。

彼は、「お前らの顔なんか見たくない」といったが、本当は、恥かしくて彼女達の顔もろくに見たことが無かった。

人の心は難しい。

これを愚かな男の話と済ましてもよいのだが、ここから学ぶ物もある。

ヒトは、何が原因でスイッチが入るか分からない。

そして、入ったスイッチは急にOFFにすることはできない。

ヒトは機械ではないのだから。

話を元に戻す。

そして、

「(罵詈雑言)・・・ってあの子達に言ってきて。」

と彼は男に告げた。

すぐさま男は、向こう側へ走っていった。

すると、急にしゃがみこむ二人。

泣き崩れた。

「やっべー。みんな帰えろー。」

彼らは、逃げるようにその場を去った。

数日後、親友からある連絡が入る。

「あの女達が登校拒否してるみたいやで。」

「えっ!マジで!」

半年後、茶髪厳禁の学校に、金髪で登校する女がいた。

彼は、彼女達の人生を180度狂わした。

何の罪滅ぼしもできていないが、この場を借りて言っておきたい。

ごめんなさい。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/09(火) 05:35:14|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<私的 ストラテイジ朝の歴史  | ホーム | 「思い出のラブレター」>>

コメント

初めて会った日のギラギラした目はそうゆうとこから
きてたみたいですね。初印象カミソリ。
罵詈雑言純情踏みにじり幻想曲、とゆうシンフォニック調の新曲を作ってみてわ?ちなみにそれぐらいの事をやってきているのは前々からわかってましたよ(笑)
  1. 2007/01/09(火) 05:54:47 |
  2. URL |
  3. こぶら #-
  4. [ 編集]

「ジャガーの貴公子」の初印象がカミソリだったとわ。
まぁ、この話は、既に死んでしまった「ジャガーの貴公子」の話だからね。
  1. 2007/01/09(火) 06:09:24 |
  2. URL |
  3. ani-ki- #-
  4. [ 編集]

私は魔王を名乗って早、10万飛んで22年だが、未だかつて女性の人生を狂わせたことはないゾ♪そぅ、狂わされてばっかりだから☆
ちなみに、私が人間界で特に苦手なものは「ウンコ」「ひとりぼっち」「女性の涙」である。
しかし、女泣かせの友人はごまんとおり、中でも彼らの言動がが大好きである♪
  1. 2007/01/09(火) 14:22:52 |
  2. URL |
  3. サターン #-
  4. [ 編集]

己の過ちを認めることで、一つ大人になれましたねv-154
  1. 2007/01/10(水) 00:49:34 |
  2. URL |
  3. 江原弘幸 #-
  4. [ 編集]

こんな最低な小汚い心の持ち主とバンドを組んでいると思うと、とても嬉しいです。Fuck!
  1. 2007/01/10(水) 03:05:13 |
  2. URL |
  3. アキ・ライホ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://solblog.blog56.fc2.com/tb.php/218-bf55b33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。