Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

最後の授業

めずらしく、大学へ行った。

というのも、今日が大学生活、最後の授業だからだ。

教室に教授がやって来る。

そして教授はいつものように、授業とは関係ない脱線した話をする。

今日は、アルフォンス・ドーデの短編小説『月曜物語』の一遍その名も「最後の授業」の話をしてくれた。

これは、第二次世界大戦時、ヒトラー率いるドイツ軍がフランスへ侵攻したときの話である。

フランスのアルザス地方にフランツという少年がいた。

ある日、彼は、先生に宿題を出されていた。

しかし、彼は、いつものように宿題をしなかった。

その宿題というのは、フランス語の活用形等を覚えるといったものだった。

次の日、彼はうっかり朝寝坊してしまった。

いっそのこと学校もサボろうか?

しかしそれも良くない。

彼は、学校へ向かった。

学校につくと何か様子がおかしい。

教室は何時になく静かだし、普段は恐い担任のアメル先生も遅刻を咎めず、優しく著席を促した。

そして先生は、言った。

「皆さん、私が授業をするのはこれが最後です。アルザスとロレーヌの学校では、ドイツ語しか教へてはいけないという命令が、ベルリンから来ました…… 新しい先生が明日見えます。今日はフランス語の最後の授業です。」

そのとき少年は、なぜ、フランス語の宿題をやってこなかったんだと嘆いた。

教授は、その話を終え、「皆さん、大学生活の最後を悔いのないように過ごしてください」と結んだ。

久しぶりにいい話を聴くことが出来た。

今日くらいは、真面目に授業を受けよう。

そう、心の中で誓った。

そして、私の大学生活、最後の授業が始まった。

「教科書の172ページを開いて下さい。杉山君、2段落目から読んで。」

はいっ・・・。

あっ・・・あれっ?

鞄の中身を確認する。

教科書忘れてもうた・・・。

スポンサーサイト
  1. 2007/01/10(水) 03:21:10|
  2. Gt.ani-ki-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<アダムの毒林檎 | ホーム | 活動再開!>>

コメント

ブッシュも気に食わないが、アンタも気に食わない。ヒェッ!
  1. 2007/01/10(水) 03:56:14 |
  2. URL |
  3. MCドラゴン #-
  4. [ 編集]

杉山家の机、教科書と二人…ひぇっ♪
  1. 2007/01/11(木) 21:59:05 |
  2. URL |
  3. MCdoragon #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://solblog.blog56.fc2.com/tb.php/221-176f069b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。