Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アキ・ライホ IN FRANCE(幻のコーラ祭り)

移動時間が長過ぎたため、フランス二日目は、宮澤ミッシェル...モン・サン・ミッシェル観光しかできなかった。我々はホテルに戻り、コーラ祭り・馬鹿騒ぎをする約束をした。


ホテルの部屋は、二人部屋であった。もちろん、双子山部屋とアキ・ライポ部屋に別れて泊まっていた。といっても、部屋は隣どうしなので、よく互いの部屋を行ったり来たりしていた。


前夜は、旅の疲れから皆がすぐ寝たこともあり、夜中に騒ぐことができなかった。この日は、モン・サン・ミッシェルを観光しただけだったので、私は消化不良であり、暴れてやる気満々であった。まず、あべぽに風呂を入れらせて、私は、タバコを吸いながら、いろいろな遊びを考えていた。コーラと、たくさんのラムネを用意していたことは言うまでもない。


あべぽの行水が終わり、私はゆっくりシャワーを浴びた。シャワーを終えると、あべぽは汚いイビキをたてながら、爆睡していた...私は、憤りを抑え、隣の部屋をノックした。


「トントントン」


返事がない。聞こえていないのかな?もっと強く叩いてみよう。


「ドンドンドンドンドンッ!!」


返事がない。もしや...


「ドンドンドン、ドンドンドン、ドンドンドンドンドンドンドン!」


リズムを変えて叩いてみても、効果はなかった。仕方なく、私は自分の部屋に戻った。消化不良の私は、苛立っていた。すると、双子山部屋とは反対の隣の部屋から女の子の笑い声が聞こえた。


私は、すぐに自分の部屋の壁を隣の部屋に向かって叩いた。そして叫んだ。


「一緒に遊ぼうや。212に来てや!ノックしてきてや!遊ぼうや!」


212とは私が泊まっていた部屋の番号である。私は、何度か同じことを叫び、壁を叩いた。しかし、反応がなかった。また、隣の部屋を直接、ノックする勇気を持ち合わせていなかった。なぜなら、隣の部屋は、日本人かフランス人かわからなかったからだ...


途方に暮れた私は、ピザポテトとコーラをたしなみ、幸せなひと時を味わうことにした。そして、就寝した。明日こそは、思いっきり暴れてやると心に誓って...


次回予告:レインメーカー IN 仏
スポンサーサイト
  1. 2007/02/07(水) 04:26:59|
  2. Vo.アキ・ライホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アキ・ライホ IN FRANCE(レインメーカー IN 仏) | ホーム | アキ・ライホ IN FRANCE(宮澤ミッシェル)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://solblog.blog56.fc2.com/tb.php/310-e99a7ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。