Strategy Of Liberation

メンバーによる…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アキ・ライホ IN FRANCE(レインメーカー IN 仏)

フランス三日目。この日は、午後からルーブル美術館観光という目的しかなく、我々は早朝からメトロ(地下鉄)に乗り、パリを制圧することにした。


まず、最初のターゲットはマクドナルド。日本との違いを研究してやった。明らかに違うのは、店員だった。日本では考えられないような陽気な店員が出迎えてくれた。また、客の前で音楽に合わせて踊りだし、平気でコーヒーを飲み干している黒人のレジっ子もいた。もちろん、我々もエアギターでおかえしをした。


少し買い物をすることにした。あべぽは、本屋を数軒はしごして、必死にフランスのエロ本を探した。そして、ジュンク堂を見つけてテンションが上がっていた。ジュンク堂に入ると、中には、日本の本ばかりが並んであった。そう、パリのジュンク堂は、日本にあるジュンク堂と全く同じだったのだ。あべぽは落ち込んでいた。しかし、駅の売店にそれが輝いていた。あべぽは元気を取り戻し、2冊のエロ本を購入した。この旅でも感じたことなのだが、あべぽの財布の紐は相当かたい。というか、ドケチだ。なのに、エロ本2冊が3千円しようとも、嬉しそうに買っていた。人間ってわからないものである...


あべぽのエロ本探しに振り回された後、パリでの最後の昼食をとることにした。皆の意見は決まっていた。オシャレカフェにリベンジだ!我々はエスプレッソを頼み、店内ではなく、外に置いてある席に座り、オシャレカフェを楽しむことにした。外でカフェを楽しんでいると、何人かのフランス人に声をかけられたり、タバコをくれと頼まれたりし、楽しい異文化交流をすることができた。ルーブル美術館の集合時間までは、1時間以上残っており、このまま外でオシャレカフェと異文化交流を楽しんで、時間をつぶそうとした。


我々がオシャレカフェをはじめて、10分がたとうとした頃、それは突然やってきた。冷たく、そして強い雨だった...


雨よりも冷たい3人の目線が私に向けられた。私は、その視線に必死にこらえた。結局、雨に濡れるのが嫌なので、店を後にし、商店街をプラプラすることとなった。5分くらい歩いただろうか?


先程まで強く降っていた雨は、完全に止んでいた...


また、鋭く、冷たい6つの視線が私に向けられた。私は、気付かないフリをするのが精一杯だった...


次回予告:モナリザとの睨み合い
スポンサーサイト
  1. 2007/02/07(水) 13:02:38|
  2. Vo.アキ・ライホ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アラカルト・ヒロ | ホーム | アキ・ライホ IN FRANCE(幻のコーラ祭り)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://solblog.blog56.fc2.com/tb.php/311-2ce51c88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。